LIFE

沖縄の無人島「ナガンヌ島」に日帰りで行ってきた!

ぐん(@gunjiblog)です!

 

日帰りで沖縄の無人島「ナガンヌ島」に行ってきました!

 

 

初めて無人島に行きましたが、とても綺麗な島でした。

嵐がCM撮影をした場所としても有名らしいですね。

 

ナガンヌ島とは

2014年3月5日(サンゴの日)に国立公園へ指定された慶良間諸島。その入り口にあるチービシ環礁は那覇から西へ約15kmに位置します。
チービシ環礁はナガンヌ島、神山島、クエフ島の3島で構成され、一番大きな島がナガンヌ島です。島周辺海域は広く珊瑚礁に囲まれ、多くの生物が生息しています。

ナガンヌ島は施設の整備された島であり、那覇から20分で行け、観光のオプショナルツアーとしても気軽に楽しむことができます。

(参考:ナガンヌ島公式HP)

 

水がとても澄んでいて綺麗でした!!

 

 

ナガンヌ島へ行くには

ナガンヌ島行きの定期便が就航しております。那覇市の泊港(とまりこう:通称とまりん)から乗船できます。船は60名乗りのクルーザー船で、冷房、トイレ完備の高速船です。

 

結構スピードを出すため、大きく揺れることがあります。酔いやすい方は、酔い止めの薬を飲んだほうがいいかもしれません。

 

行きは泊港を9:15に出発して、帰りはナガンヌ島を15:00に出発したので、島での滞在時間は約5時間ほどでした。

 

 

 施設紹介

無人島であるナガンヌの設備を紹介していきます。

 

総合カウンター

島に着くとまず、島の中央部にある「総合カウンター」で予約しているツアーの受付をします。

ここで、パラソルやベンチもレンタルすることができます。

パラソル1本+デッキチェア2脚で2500円。(写真参考)

3人で来ていたので、追加でパラソル1本+デッキチェア1脚の1500円が加算されて計4000円でした。

 

5000円でコテージも借りられるそうです。

家族連れ等で一戸借りれば、日陰でゆっくり休めるかと思います。

 

ダイニングスペース

おなかがすいたら、ダイニングスペースへ!

島への飲食物の持ち込みは禁止であるため、基本的にはみんなここで食事するのだと思います。

 

メニューが豊富で迷ってしまう、、!

 

海やプールで食べるカレーってめっちゃおいしいですよね(笑)

結局チキンカレーにしてしまいました。

 

喫煙所

島唯一の喫煙所。

僕は喫煙者ではないのですが、こんな青空で煙草を吸うのは気持ちいいんだろうな~。

 

シャワー、トイレ、更衣室

無人島にもかかわらず、 シャワー等完備されているのはうれしいですよね!

 

 

まとめ

ナガンヌ島いかがでしょうか。

 

日帰りで行ったので、全然時間が足りなかった印象でした!

 

宿泊プランもあるそうなので、時間に余裕がある方は是非!

 

夜の無人島を体験できるのはめったにないですよね!

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぐん

広告代理店のバックエンドエンジニア。生活費を不労所得で得て、会社に依存しない自由な生き方を確立する27歳【経歴】慶應大卒 ▶︎ 1社目を半年で退職 ▶︎ 半年ニート ▶︎ 客先常駐インフラエンジニア ▶︎ 広告代理店のエンジニア【実績】副業収益5桁|ブログ100記事更新

-LIFE
-, , , , ,

© 2020 GUNJI BLOG