LIFE

ミャンマーの日本料理屋【おすすめ】

ぐん(@gunjiblog)です!

 

ミャンマー海外出張中に行った日本料理屋さんを紹介します!

 

どこも美味しくて、日本料理が恋しくなった時におすすめです。

 

ミャンマーに行かれる予定がある方は必見です!

 

 

 

みちのく

「みちのく」とは、磐城 (いわき) ・岩代 (いわしろ) ・陸前・陸中・陸奥 (むつ) の5か国の古称だそうです。

今の福島・宮城・岩手・青森の4県にほぼ相当する地域です。

居酒屋みちのくヤンゴン

店内の雰囲気

日本を意識した和風の内装となっております。

まるで日本にいるかのような安心感を覚えます。

 

現地のミャンマー人スタッフが片言の日本語で丁寧に接客してくれるので、頑張れって応援したくなります。

 

ランチは定食がメイン!

鶏肉料理定食、豚肉料理定食、海鮮料理定食とバラエティ豊かなメニュー。

500円から800円までの値段の料理が多い。

ミャンマーの他のお店に比べると、少しお高め。

一回目に来たときは、チキンカツカレー定食を頼みました!

値段は、8900Ks.(632円)

カレーがしっかり煮込んであり、チキンカツとの相性も抜群でした!

定食には、ごはん、サラダ、味噌汁がついてきます。

二回目に来たときは、鳥の竜田揚げ定食を頂きました。

値段は、7500Ks.(532円)

美味しかったですが、個人的には衣が厚く、脂っこかったです…。

ご飯のお替わりができたので、量的には満足でした!

 

 

夜は居酒屋に変身!

夜は居酒屋として、利用できるそうです!

ミャンマービールで乾杯!!

1瓶で100円台の脅威の安さです。

ミャンマーではなかなか売っていない日本の焼酎や日本酒が飲めるので、

お酒好きのお父さんにはもってこいですね!

 

チーズ玉子焼き、鯵の開き、そばめしです。

日本人が食べてもしっかり美味しいと感じられると思います。

個人的には、そばめしがMVPでした!

 

成人男性8名で、1人当たり20000Ks.(1419円)でした。

日本に比べると全然安い…。

 

Japanese Hot Pot 蓮

先ほど紹介した「みちのく」からそんなに遠くない場所にあります。

蓮と書かれた提灯が目立つ店頭です。

Japanese Hot Pot 蓮

店内の雰囲気

割とオープンな造りとなっております。

日本の海の家みたいだなーって思いました。

こちらも、日本語が通じるミャンマー人スタッフがいますので、注文が楽です。

ランチタイムはサービスも!

ランチは11:00-14:00の間の時間です。

3つの嬉しいサービスも!

①白ご飯付きはご飯お替わり無料

②味噌汁付きは味噌汁お替わり無料

③全メニューコーヒー付き

 

かつ重セットを頂きました。

値段は、8200Ks.(582円)

しっかりと味の染みたカツは日本のお店にも負けていませんでした!

こちらも定食には、ごはん、サラダ、味噌汁がついてきますよ。

 

まとめ:ミャンマーの日本料理屋は美味しい

 

どちらのお店もとても美味しいうえに、メニューが豊富なので、リピート必至です!

あと、現地では珍しく日本語が通じるので、安心感もあります!

ミャンマー渡航の際は、行ってみてはいかがでしょうか?

 

この記事が良かったと思った方は、シェア&フォローお願いします!

では、また!!

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぐん

広告代理店のバックエンドエンジニア。生活費を不労所得で得て、会社に依存しない自由な生き方を確立する27歳【経歴】慶應大卒 ▶︎ 1社目を半年で退職 ▶︎ 半年ニート ▶︎ 客先常駐インフラエンジニア ▶︎ 広告代理店のエンジニア【実績】副業収益5桁|ブログ100記事更新

-LIFE
-, , , , , ,

© 2020 GUNJI BLOG