ENGINEER

インフラエンジニアの働き方と仕事内容とは【ニート・第二新卒から就職】

インフラエンジニアの働き方と仕事内容とは【ニート・第二新卒から就職】

文系エンジニアのぐん(@gunjiblog)です!

 

インフラエンジニアの働き方と仕事内容を解説していきます。

 

筆者はインフラエンジニアとして2年間働いていました。

ミャンマーの銀行のネットワーク構築にも携わった経験があります。

 

 

こんな方におすすめ

  • インフラエンジニアの実態を知りたい方
  • 手に職をつけて安定的に働きたい方
  • 話すのが苦手なので、営業や接客以外の仕事をしたい方

 

 

 

インフラエンジニアとは

サーバー

そもそもインフラエンジニアという職業はなんなのか。

簡単にいうと、インターネットの基盤の構築や設計を担当します。

主に、お使いのパソコンに検索したサイトを提供してくれるサーバーや、インターネットを経由して世界とつながるためのネットワークを指します。

 

 

インフラエンジニアの仕事内容

エンジニア

サーバーやネットワーク機器の設計と構築

サーバーとなるコンピュータの設定や、ネットワーク機器の設定が主な仕事です。

その設定は、後述するドキュメントの値です。

 

ドキュメントの作成

要件定義書や設計書と呼ばれるドキュメントをExcelにて作成していきます。

筆者が働いていた会社では、ほとんど現行のシステムの設計書を流用するなどしていました。

 

 

インフラエンジニアの働き方

ここで紹介するのは筆者の場合ですので、個人差はあります。

 

客先常駐

筆者はSIerの下請けで働いていたので、客先に常駐して働いていました。

親元の会社のオフィスに毎日出勤すると言うことです。

まあ、正直居心地よくはないです。

案件ごとに通勤する場所が変わったりするので、面倒ですね。

 

残業時間は月60時間

とにかく作業量が多くて、多い時には月60時間働いていました。

そもそも人件費を抑えるために下請け制度があるくらいですからね。

 

 

 

未経験からインフラエンジニアへ就職

ネットビジョンアカデミー

「ネットビジョンアカデミー」とは、既卒・第二新卒・フリーターの方に特化した就職支援サービスです。

最短2ヶ月でIT業界でエンジニアとして就職できます。

文系や未経験から資格取得できるように、現役エンジニアが授業形式でレクチャーします。

>>インフラエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

 

詳しい記事はこちら >>未経験からインフラエンジニアへ就職するには【無料で資格取得】

 

 

 

裁量を持って開発をやりたいなら

筆者の転職理由がまさしく開発がやりたくなったからです。

 

インフラ機器の設定を正確に設定していく作業は、自分の働き方に合っていたとは思います。

 

ただ、毎日仕事する上での刺激を個人的には感じることができませんでした。

 

「このまま人生終わりたくないな」

 

その一心で未経験から、開発エンジニア就職を実現させました。

 

詳しいエピソードはこちら >>仕事嫌いだった僕が、仕事を好きになるまで

 

 

 

まとめ:インフラエンジニアはこれからの時代を引っ張る

スマートシティ構想、IoT、5Gといった新しい技術の革新がめまぐるしく、今後も需要が拡大していくことが予測されています。

 

個人的には、インフラエンジニアになっておけば人生食いっぱぐれることはないと思っています。

 

まずは無料カウンセリングから

今すぐ申し込む

※4月・5月ご入校の方限定!
総額100万円分のCCNA試験代キャッシュバックキャンペーン実施中!

 


スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぐん

27歳のC#文系エンジニア。 慶應義塾大学を1留して卒業後、Web広告代理店に入社するも半年で退職。 半年間のニート期間を経て、2年間SESインフラエンジニアとして働く。 現在はデジタルサイネージ自社開発会社勤務。

-ENGINEER
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© GUNJI BLOG , 2020 All Rights Reserved.