LIFE

ミャンマーのゴールデンロックを観光するときの注意点【日本人向け】

ぐん(@gunjiblog)です!

 

ゴールデンロックは山の上にあるので、

どんな格好で行ったらよいか?

何をもっていけばいいか?」と悩む方も多いはず。

 

昨日、実際にミャンマーの観光地である「ゴールデンロック」に行ってきました!

日本人の心配になりそうなことを確認してきました!

 

この記事では以下を中心に解説します!

・当日の服装

・あった方が良いと感じた持ち物と、必要経費

お祈りの時の注意点

・実際のゴールデンロックの雰囲気

 

記事を読み終えると、事前の準備をしっかりできて、

何の不安もなく、ゴールデンロックに向かうことができますよ!

 

 

 

ゴールデンロックとは

落ちそうで落ちない岩として有名なミャンマーの観光地です。

金色の岩が特徴的で、一度は画像で見たことある方もいるかもしれませんね。

以下、Wikipediaの引用です。

チャイティーヨー・パゴダ (Kyaiktiyo Pagoda) またはチャイティーヨー・パヤー(ကျိုက်ထီးရိုးဘုရား)あるいはゴールデン・ロック (Golden Rock) は、ミャンマーモン州にある仏塔(パゴダ)である。仏教徒の巡礼地として良く知られている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

僕が行ったときは、修復中で全貌が見れなかったのが残念です。

 

 

何も着ていったらいい?

 

ノースリーブはダメ!

パゴダでは、露出の多い服装は禁じられています

半袖や長袖を着ていきましょう!

女性は胸元があきすぎている服もダメです。

 

膝が隠れていないとダメ!

ヒザが見えるパンツやスカートはダメです。

パゴダに入るところで、ロンジーというミャンマーの民族衣装を8000チャット(567円)を買えたので、現地調達も可能です。

 

 

サンダルがおすすめ!

パゴダの中は土足禁止なので、脱ぎやすい靴がおすすめです。

普通に暑いのでサンダルがベストだと思います!

 

 

何を持って行ったらいい?

 

お金

合計で20000チャット(1417円)くらいは最低でも持って行った方がよさそうです!

詳細はこちら。

 

・麓から乗るトラックの往復運賃 4000チャット(283円)

チャイティーヨーの麓から山頂までトラックが出ています。

歩いても行けるそうですが、3時間半かかるそうなのでトラックに乗っちゃいましょう。

 

・外国人入場料 10000チャット(708円)

トラックで山の上まで来て、ゴールデンロックまで歩いていると、

途中で「foreigner?」と聞かれて止められて、外国人入場料を求められます。

すると、カードをもらえます。

外国人だとバレバレなので、カモられないように注意しましょう!

 

・金箔代 2000チャット(142円)

男性は金箔を岩に貼り付けることができます。

GOLD LEAFと書かれた建物で購入しましょう。

金箔が4枚入っています!

 

・昼食代 

山の上にも飲食店が沢山あるので、ご飯を食べることもできます。

 

サングラス

日差しが強いので、サングラスは必要だと思います!

山の上に露店が沢山あるので、安く買うこともできます。

Ray-Banならぬ、Rey-Beisみたいのが売ってました。(笑)

 

タオル

お昼はとても暑いので、タオルを持って行った方が良いです!

 

除菌シート・おしりふき

ミャンマーどこでも言えることですが、水道水が汚いので除菌シートは必須です。

お腹壊す人が多いみたいです。

あとは、トイレにウォシュレットはないので(あっても、汚い可能性が高いためやめたほうがいい)、おしりふきがあるといいです。

ちなみに、トイレはヤンゴンの一流ホテル並みに綺麗でした!

 

虫よけスプレー

ヤンゴンのような街よりも自然が多いため、虫が多いです!

孵化しかけた蛾もいて、気持ち悪かったです。

 

ビニール袋

パゴダの中は土足禁止なので、脱いだ靴を入れるビニール袋があると便利です!

一応入口に靴を預ける場所もありました!

 

 

お祈りの注意点は?

 

岩の傍に行く際にボディチェックをされます。

金箔を貼る時は手ぶらで岩の傍まで行かなくてはいけません。

スマホも財布も置いていかないといけないので、

複数人で来ている時は順番で行くようにしましょう。

帽子をかぶっている場合も、風に飛ばされる可能性があるので、脱がないといけません。

 

 

雰囲気はどんな感じ?

 

広場

石の床に座っている人、頭を床に付けて祈っている人がいて沢山いました。

日本でいう記念公園のような感じがしました。

宮殿のような感じで、写真が映えそうでした!

 

露店通り

呼び込みがすごいです。

露店の食べ物はハエみたいな虫がとまっていたりするので、

個人的には食べたいとは思いませんでした。

 

 

まとめ

 

・服装は、半袖+長ズボン+サンダルが個人的にはベスト!

・必要経費は、最低でも20000チャット(1417円)

・持ち物は、サンダル、タオル、除菌シート・おしりふき、虫よけスプレー、ビニール袋がおすすめアイテム!

・岩の傍に行くときは、手ぶらで!

・雰囲気は、日本でいう記念公園で露店がある感じ。

 

あなたのゴールデンロックに行く際の不安が解消できたなら、幸いです。

 

ヤンゴン市内から約6時間かかりましたが、行ってよかったと思えたので、

皆さんもぜひ行ってみてください!

 

他にもミャンマーに関する日本人向けの記事を書いてます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

良かったと思ったら、シェア&Twitterフォローお願いします!

 

それでは、また会いましょう!

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぐん

広告代理店のバックエンドエンジニア。生活費を不労所得で得て、会社に依存しない自由な生き方を確立する27歳【経歴】慶應大卒 ▶︎ 1社目を半年で退職 ▶︎ 半年ニート ▶︎ 客先常駐インフラエンジニア ▶︎ 広告代理店のエンジニア【実績】副業収益5桁|ブログ100記事更新

-LIFE
-, , , , , , ,

© 2020 GUNJI BLOG